This article can be read in about 1 minutes.

鬱になるのは左脳の使いすぎによるバランス感覚の崩れだそうです。
風邪を引くのは体の左右のバランスの崩れとする野口晴哉に通じるものがありなんとなくわかるような気がします。
左脳は原因と結果を結びつけがちで、それが鬱になる原因だそうです。
世の中、なんでも原因と結果が直接結びついているわけではないので、答えのわからないことを延々と分析していれば鬱にもなるというものです。
そこで、昨日のことなどに左右されず、右脳を左脳と同じくらいつかって今をいきましょう、そうすれば左右のバランスが取れ鬱は自然となおりますということです。
右脳をつかう、これは左手など左側をつかうということで活性化されるので、右利きの方は左利きに意識して変えよう、そうすれば右脳が活性化して鬱は治りますという考えです。
そうなるとWEBデザインはデザインする際は右脳でイメージを、コーディングする際は左脳をつかうので、職業的に鬱になりにくいということになりますが、この解釈はあっているのでしょうか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。