This article can be read in about 2 minutes.

全国名品とりよせ図鑑などをみているといろんなおいしいものがのっていて心ときめきます。
くちこやほや、はいばら肉などみているだけでも唾があふれそうです。
さてお肉、特に牛肉は日本人なら誰もが好きな食べ物なんだと昔はおもっていました。
ところが学生のときに地理学の授業でそうではないと知ったときは大変驚いたものです。
いまでもそうなのかきになりましたので統計をみみてみましたところ、そうなんですね、ここ二十年、そんなに変わっていないんです。
日本で一番牛肉を消費しているのはあいかわらず和歌山県です。
一番食べないのは前橋市。理由がいまいちわかりません。
和歌山は宴会が多いからだと勝手に推測しています。宴会、鍋、牛肉のなにかという連想ゲームです。
ほかのランキングをみていると日本人のなにか基本ラインがみえてくるようです。

  • アイスクリーム・シャーベットおよびお菓子、チョコレート消費量一位 石川県 –>アイスクリームの消費量が多いところはチョコレートやせんべいの消費量が多いそうです。根本的にくいちぶさんが多いのはなぜなんだろう。
  • おにぎり消費量一位 東京都  –>コンビニでお昼に買う人が多いから?
  • ミネラルウォーター消費量一位 沖縄県  –>暑いから?
  • インスタントラーメン消費量一位 青森県  –>最低賃金が低いところほどインスタントラーメンの消費量が多いという結果も出ているそうです。
  • 米消費量一位 静岡県  –>なんでだろう。
  • マヨネーズ・ドレッシング消費量一位 島根県  –>なぜ??
  • カレールウ消費量一位 佐賀県  –>米が多くとれ、濃い味が好まれる地域でカレーの消費量が多いそうです。
  • コーヒー消費量一位 奈良県  –>喫茶店が少ないから?
  • 紅茶消費量一位 栃木県  –>紅茶は都市型の飲み物だからっていうけれど。。。

参考 http://todo-ran.com/t/categ/10018

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。