This article can be read in about 1 minutes.

大学新聞社時代、何度も写経したのが疋田桂一郎氏と深代惇郎氏の文章です。
特に疋田氏の『新・人国記』の「青森県」は名文でまだ読んだことのない方にはぜひ一読してほしい文章です。
せっかくなのでここで頭出しを紹介しておきます。

雪の道を角巻きの影がふたつ。
  「どサ」「ゆサ」
  出会いがしらに暗号のような短い会話だ。それで用は足り、女たちは急ぐ。
  みちのくの方言は、ひとつは冬の厳しさに由来するという。心も表情もくちびるまで こわばって「あららどちらまで」が「どサ」「ちょっとお湯へ」が「ゆサ」。ぺらぺら、 くちばしだけを操る漫才みたいなのは、何よりも苦手だ。

こぎみよい文章のリズムと情景が広がる表現、適度な漢字とひらがなのバランスと体言止め。いまでも彼の天声人語時代の文章は好きで何度も読んでは自分のフレームワークになるようにしています。

天声人語 7 1970.5~1973.3 (朝日文庫 て 2-7)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。