This article can be read in about 1 minutes.

冬季オリンピックの開催地、平昌は風が強いことで有名で、そのため巨大な風力発電機が並んでいます。
どうしてそういう場所でタイムの正確さや気候条件に左右されるべきでない競技がおこなわれているのかわかりませんが、風力発電について気になる点があります。
風力発電はそこそこの風が必要ですが、その風力が強すぎると羽がおれたりします。羽はあまり頑丈にはできていません。
つまり羽が壊れるほどには平昌は風が強いところではないということです。風力発電機があるということはそういうことです。
風を扱うプロの選手はそれくらいは織込み済ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。