This article can be read in about 1 minutes.

解散や別れは辛いものです。
たとえ憎しみあって別れるとしても憎しみたくて憎しんでいるわけではないとおもいます。
それでもなにかの拍子でずれが生じて、だんだん修復できなくなって別れるということになるのでしょう。
いろんな事情はあります。
どのケースも特殊です。
一旦距離をおいて遠くで見つめられるようになって初めて少しだけなにかがわかるのかもしれません。
過去などは存在しない、過去は作れるというアドラー心理学をほんとうに納得できるほど人間ができていればいいのでしょうけれど、そこまで感情をフラットにするのは至難の技のような気がします。
年末のスマップの解散をみていろんな感情やおもいが交錯しました。

最後は別れのキス

カテゴリー : life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。