This article can be read in about 1 minutes.

ムラに道ができてムラは変わりました。
これは宮本常一の「忘れられた日本人」にでてくる話です。
明治25年頃の話です。馬車道はやがて車道になります。
馬車道ももともと歩道で歩道に車が通るのがそもそも違うというのは清家清氏の話です(「縄文式頭脳革命」 単行本版 p.26 栗本慎一郎 著)。
道は利益を誘導します。
道を観察するとムラや町がみえてくるようです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。