This article can be read in about 1 minutes.

人間の目は5億7,600万画素あるといわれています。 最高峰のデジカメで6,000万画素ですから、解像度の高さはデジタルのはるか上をいっているといえます。
ただ画素数が増えると受光面積は小さくなるので必ずしも画素数が大きい=解像度が高いというわけでもなく、むしろ下がったりしますので(受光素子に外枠があったりして、分割するほど受光部分が小さくなる)上か下かは断定しにくい部分ではあります。
ちなみに地平が完全に水平の場合、最大でおよそ50kmまで見えるそうです。センサーとしての人間のポテンシャルは思った以上に高いのかもしれません。あとはどのポテンシャルを引き出すかを決めることが大事になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。